代表あいさつ

keita4hp.jpg

生きているって、素晴らしい事だと思うんです。

でも、世の中平等にはいかないようです。

病気をもって産まれてきたり、

病気になってしまったり、

大切な人を亡くしてしまったり、裏切られたり、

人生色々な事があると思うけど、でも生きていかなきゃならないと思うんです。

​私は、昭和62年10月17日、極型ファロー四徴症という心臓病を持ち、

障害者として、この世に産まれてきました。

子供の頃は入退院を繰り返し、長時間にわたる手術を数回行いました。

思春期の頃になると、「何で自分だけ」などと、
悲観的になってしまう事もありました。

人って一人じゃ生きていけないんです。病気だとなおさら。

今では、沢山の人達のおかげで、
これまで生きてこれたんだと心から思います。

病院の先生、看護師さん、家族・友達・仕事の仲間、

今まで出会ってきた沢山の人達に、本当に感謝。

だから、これからは恩返しがしたい。
同じように病気をもち生活している方、困っている方、沢山いると思うんです。

自分の気持や、熱い想いを強制するつもりはないけれど、

ただ、一回でも多く、心から笑ってほしい、笑わせてあげたい。

「よかった」とかでもいい、「あれやりたいな」とか、「できるかな」とか、

思って頂けるなら、なおいい。

どうせならさ、世界中の人々を幸せにしたいな。

そんなことを最高の家族(職員)と共に、
人生の全てをかけて、挑戦して行きます。

介護・看護の無限の可能性を信じて。
 

​代表取締役 栁澤 啓太